工学部・工学研究科ディプロマポリシー(DP)

工学部DP

工学部では以下のような卒業生を社会に送り出します。

  1. 基礎的な知識・教養、および専門的知識・能力を有している。
  2. 創造力、自己学習力、問題解決能力、およびコミュニケーション能力を有している。
  3. 高度専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解し、幅広い視野をもって社会の発展に貢献できる

工学研究科(博士前期課程)DP

工学研究科では以下のような博士前期課程修了生を社会に送り出します。

  1. 高度な専門的知識・能力、および専門に関連した幅広い基礎知識を有している。
  2. 創造力、自己学習力、問題発見・解決能力、およびコミュニケーション能力を有している。
  3. 高度専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を自覚し、幅広い視野をもって社会の発展に貢献できる。

工学研究科(博士後期課程)DP

工学研究科では以下のような博士後期課程修了生を社会に送り出します。

  1. 高度な専門的知識・能力、専門に関連した幅広い基礎知識、ならびに研究推進に必要な技法を有している。
  2. 広い視野に立って課題を設定し、研究開発活動を独力で推進できる能力を有している。
  3. 高度専門技術者・研究者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を自覚し、幅広い視野をもって社会の発展をリードできる。

工学部・工学研究科カリキュラムポリシー(CP)

工学部CP

専門的知識・能力に加え、工学で求められる総合力と資質を有する高度専門技術者を育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 工学の基礎となる数学や自然科学にかかわる知識を身に付けさせる。
  2. 工学の各分野における専門的知識・能力を身に付けさせる。
  3. 多様な学問分野にかかわる幅広い視野を獲得させる。
  4. 創造力、自己学習力、問題解決能力、およびコミュニケーション能力を併せた総合力を身に付けさせる。
  5. 技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解させる。

工学研究科(博士前期課程)CP

高度な専門的知識・能力に加え、工学の広い分野に対応できる総合力と資質を有する高度専門技術者を育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 高度な専門的知識・能力、および専門に関連した幅広い基礎知識を身に付けさせる。
  2. 専門分野を超えた幅広い視野を獲得させる。
  3. 国際的にも通用する技術者として必要な、創造力、自己学習力、問題発見・解決能力、およびコミュニケーション能力を併せた総合力を身に付けさせる。
  4. 技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を自覚させる。

工学研究科(博士後期課程)CP

高度な専門的知識・能力や研究開発能力に加え、工学の広い分野で活躍できる総合力と資質を有する高度専門技術者や研究者を育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 高度な専門的知識・能力、および専門に関連した幅広い基礎知識を身に付けさせる。
  2. 国際的にも活躍できる技術者・研究者として必要な、実践的研究開発能力、幅広い視野、倫理、社会的責任感を身に付けさせる。
  3. 高い専門性を有しながらも工学の広い分野に柔軟に対応し活躍できる能力を身に付けさせる。

各学科・専攻のDP及びCP

機械工学科,機械工学専攻

機械工学科DP

機械工学分野の専門教育と先進的研究を通して、以下の知識、能力、資質を備えた機械技術者になりえる者に学士の学位を授与する。

  1. 人が環境と調和した快適な社会生活を過ごすためのモノづくりに倫理観を持って寄与できる。
  2. 基礎学力と応用力を有している。
  3. 未知の問題に対応する能力を備えている。
  4. 国際社会において活躍できる。

機械工学科CP

  1. 資源、エネルギー、環境、文化、経済、政治などを地球的な視点でとらえ、「環境と調和した快適な社会生活」とは何かについて考える能力を身につけさせる。
  2. 技術が自然や社会におよぼす影響を理解し、技術と技術者が社会で果たすべき役割と責任を自覚する能力を身につけさせる。
  3. 数学(線形代数、微分積分学、確率・統計)、物理(力学・電磁気学)および情報技術に関する基礎知識を有し、それらを機械工学に関連する専門技術分野に応用できる能 力を身につけさせる。
  4. 機械工学の主要分野(材料と構造、運動と振動、エネルギーと流れ、情報と計測・制御、設計と生産・管理、機械とシステム)に関する基礎知識を有し、それらを諸問題の設定・解決に応用できる能力を身につけさせる。
  5. 環境と調和したモノづくりの構想・設計・実行・評価を行う能力を身につけさせる。
  6. 「環境と調和した快適な社会生活」を実現するための課題を設定し、その解決のために実験等を自主的かつ継続的に計画・遂行し、その結果を総合的に評価・論述、発表・討議する能力を身につけさせる。
  7. 日本語でコミュニケーションする能力及び機械工学に関する内容を英語でコミュニケーションする基礎能力を身につけさせる。
  8. 自己と他者が適切に協働しグループとしての目標を達成する能力を身につけさせる。

機械工学専攻DP

機械工学分野の高度専門教育と先進的研究を通して、以下の知識、能力、資質を備えた高度専門技術者になりえる者に修士の学位を授与する。

  1. 地域と国際社会の未来を支える科学技術の創造に貢献できる。
  2. 人類の持続可能な発展に寄与できるグローバルな視点を持つ。

機械工学専攻CP

  1. 人類の持続可能な発展に寄与できる科学技術の在り方を、科学技術と社会との関連を基軸にグローバルな視点で考える能力を身につけさせる。
  2. 機械工学分野等の高度な専門知識を有し、それらを諸問題の設定・解決に応用できる能力を身につけさせる。
  3. 物事に対して論理的に考え、展開し、表現できる能力を身につけさせる。
  4. 幅広い知識と能力を持って国際社会で活躍できる能力を身につけさせる。

電気・電子工学科,電気・電子工学専攻

電気・電子工学科DP

電気・電子工学の各分野において、高度な専門知識を有し、科学技術の発展と変遷に対応できる能力と高い倫理観を備えた専門技術者になり得る者に学士の学位を授与する。

  1. 基礎的な知識・教養、および専門的知識・能力を有している。
  2. 創造力、自己学習力、問題解決能力、およびコミュニケーション能力を有している。
  3. 高度専門技術者として守るべき倫理や追うべき社会的責任を理解し、幅広い視野をもって社会の発展に貢献できる。

電気・電子工学科CP

電気・電子工学分野の急速な発展に対応して社会で十分に活躍するためには、基礎学力を身に付けるとともに、さらに意欲的に専門分野の勉学を行うことが必要である。本学科の教育課程は、広範囲にわたる電気・電子工学分野の基礎を確実に身につけさせ、さらに、広い教養と深い洞察力を持たせることを編成方針とし、その方針のもとに講義、演習、実験及びゼミナールが体系的に実施されるように構成されている。電気・電子工学科におけるカリキュラムの学習・教育目標は次の(A)から(H)に分類される。

A. 技術を人間生活、社会及び自然との関わりなど、地球的視点で捉えることができる能力

B. 数学、物理学及び情報技術に関する基礎知識を有し、それらを電気・電子工学に関する

  専門技術分野に応用できる能力

C. 電気・電子工学の主要分野(物性・デバイス工学、エネルギー工学、システム工学)に関する

  基礎知識を有し、それらを諸問題の解決に応用できる能力

D. コンピュータやネットワークの実践的な取り扱いや、基礎的なプログラミングができる能力

E. 与えられた課題に対し、主体的、継続的に取り組み、問題を解決する能力

F. 社会の要求に対して、種々の技術・情報を総合して解決策を構想、設計、実行、評価できる能力

G. 日本語及び英語を用いて、ものごとを論理的にまとめ、記述し、

  討議・コミュニケーションできる能力

H. 技術者として社会に対する倫理・モラルを自覚し研鑽できる能力

電気・電子工学専攻DP

電気・電子工学は、産業の基盤技術であり、高度情報化社会の実現をハードウエア、ソフトウエアの両面から牽引する中核技術として発展している。その主要な分野である、物性・デバイス工学、エネルギー工学、システム工学において、高度かつ複雑化する社会ニーズに柔軟に対応できる専門知識と応用能力を有し、社会に対する高い倫理観と地球的視点からの洞察に基づき、上記3分野の融合も実践できる能力を兼ね備えた高度専門技術者になり得る者に修士の学位を授与する。

電気・電子工学専攻CP

電気・電子工学は現代産業の基盤技術であり、高度情報化社会の実現をハードウエア、ソフトウエアの両面から牽引する中核技術として発展している。本専攻では、(1)電子物性分野(先端材料・デバイス)、(2)エネルギー工学分野(電気エネルギー発生・パワーエレクトロニクス・電力システム)、(3)システム工学分野(システム科学・情報通信)を主要な教育研究分野として位置づけ、豊かな暮らしを支える社会基盤の構築に寄与する知識と技術を創出する研究を進める。同時に、高度かつ複雑化する社会的ニーズに的確に応えることができる能力と高い倫理観とを兼ね備えた高度専門技術者を育成することを目的としている。

電気・電子工学専攻では、電子物性、エネルギー工学、システム工学などの電気・電子工学の高度な専門科目について学ぶとともに、電気・電子工学特別講義では外部講師などによる講義を通して日々発展する電気・電子工学分野の最新成果について幅広く学ぶ。また、電子物性分野、エネルギー工学分野、システム工学分野から各自が目指す専門性にあわせて専門科目を学び、修士学位論文や将来の研究・開発に必要な専門知識を修得する。電気・電子工学特別演習及び実験では、所属研究室で行う研究についての基本的な知識および専門的知識を習得し、関連論文の紹介・研究報告・学会発表などを通じてプレゼンテーション能力や高い倫理観を養う。また、指導教員の下で行う研究をまとめて提出した学位論文とその研究発表が審査され、それが最終試験となる。

情報・メディア工学科,情報・メディア工学専攻

情報・メディア工学科DP

情報・メディア工学科では以下のような卒業生を社会に送り出します。

  1. 情報、通信、メディア工学に関する体系的な専門知識とその応用力を有している。
  2. 情報に関する実世界の問題についての理解力を有している。
  3. 自律的学習力、自己表現力、相互理解力を有している。
  4. 高度情報技術者としての社会・組織に対する倫理観および責任の理解と、新しい情報技術を開発する意欲を有している。

情報・メディア工学科CP

以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 数学・自然科学ならびに情報、通信、メディア工学の基礎知識を身に付けさせる。
  2. 情報、通信、メディア工学の専門知識と技能を身に付けさせる。
  3. 問題を整理・分析し、専門知識と技能を用いて解決するための能力を身に付けさせる。
  4. ハードウェアおよびソフトウェアの両面から情報システムを設計する能力を身に付けさせる。
  5. 自主的かつ継続的な学習力、自己表現力、および相互理解力など技術者として必要な資質を身に付けさせる。
  6. 情報技術者としての社会・組織に対する倫理観および責任について自覚させるとともに、新しい情報技術の開発に主体的に関わる意欲を身に付けさせる。

情報・メディア工学専攻DP

情報・メディア工学専攻では以下のような博士前期課程修了生を社会に送り出します。

  1. 情報、通信、メディア工学に関する高度な専門知識と関連する幅広い基礎知識、およびその応用能力を有している。
  2. 情報に関する実世界の多様な問題に対する理解力・応用力・解決能力を有している。
  3. 自律的学習力、自己表現力、相互理解力、討論力と国際性を有している。
  4. 高度情報技術者としての社会・組織に対する倫理観および責任を自覚し、新しい技術の開発により社会の発展に貢献する意欲と実現力を有している。

情報・メディア工学専攻CP

以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 情報、通信、メディア工学の高度な専門知識とその応用能力、および関連した幅広い基礎知識を身に付けさせる。
  2. 実世界における工学的問題を発見し、そのモデル化を行い解決するための幅広い工学的視野と創造性を身に付けさせる。
  3. 自主的かつ継続的な学習力、自己表現力、相互理解力、討論力および英語力など国際的にも通用する情報技術者として必要な資質を身に付けさせる。
  4. 情報技術者としての社会・組織に対する倫理観及び責任感を涵養するとともに、新しい情報技術の開発に主体的に関わることで、社会の発展に貢献する意欲とその実現力を身に付 けさせる。

建築建設工学科,建築建設工学専攻

建築建設工学科DP

以下の知識、能力、資質を備えた者が、建築建設工学科を卒業したと認める。

  1. 建築建設工学科に関わる包括的な専門基礎知識と基礎能力、及び社会の要求を見極めた体系的デザイン力や地球的視野に基づく思考力を有している。
  2. 生活空間を構築する技術者としての倫理観、責任感、および論理的思考力・表現力・課題設定力・計画立案実践力を有している。
  3. 生活空間の構築に関わる技術者としての専門知識を備え、それを計画・設計・施工・維持管理などに創造的に応用できる能力を有している。

建築建設工学科CP

建築学と土木工学の特徴を活かしながら両者を有機的に結びつけ、人文・社会科学的な知恵も含めて、環境を総合的にとらえることができる技術者を養成するため、以下の方針で教育課程を構成する。

  1. 建築建設工学科に関わる包括的な専門基礎知識と基礎能力を身につけさせる。
  2. 社会の要求を見極めた体系的デザイン力や地球的視野に基づく思考力を身につけさせる。
  3. 生活空間を構築する技術者としての倫理観、責任感を身につけさせる。
  4. 生活空間の構築に関わる技術者としての論理的思考力・表現力・課題設定力・計画立案実践力を身につけさせる。
  5. 生活空間の構築に関わる技術者としての専門知識を備え、それを計画・設計・施工・維持管理などに創造的に応用できる能力を身につけさせる。

建築建設工学専攻DP

以下の知識、能力、資質を備えた者が、建築建設工学専攻を修了したと認める。

  1. 建築建設工学関連分野における高度な専門知識、および自然科学的・芸術的・技術的・人文社会学能力を有している。
  2. 高度な技術を自ら解決・発展・展開できる専門的能力とコミュニケーション能力を有している。
  3. 建築建設工学技術者の役割を考え、地域や環境に対する広い視野を持ち、社会に貢献できる倫理観を有している。

建築建設工学専攻CP

建築建設工学専攻における高度な専門的能力に加え、建築から都市・国土におよぶ生活空間を工学の枠を越えて総合的に探求できる高度専門技術者を養成するため、以下の方針で教育課程を構成する。

  1. 建築建設工学関連分野における高度な専門知識や能力、および自然科学的・芸術的・技術的・人文社会学的基礎知識を身に付けさせる。
  2. 高度な技術を自ら解決・発展・展開できる専門的能力とコミュニケーション能力を身に付けさせる。
  3. 建築建設工学技術者の役割を考え、地域や環境に対する広い視野を持ち、社会に貢献できる倫理観を身に付けさせる。

材料開発工学科,材料開発工学専攻

材料開発工学科DP

材料開発工学科では、以下の能力を有した「夢を形にする技術者、Imagineer」を育成し、社会に送り出します。

  1. 【幅広い視野】技術者として社会に対する責任を自覚し、社会や自然環境への影響を考慮しながら工学的課題に取り組む能力を有している。
  2. 【高い専門技能】材料開発工学分野の技術者として十分な基礎知識と問題解決への応用能力を有している。
  3. 【優れた判断能力】十分な論理的思考能力と工学的設計能力を有しており、自らの考えを論理的にわかりやすく表現でき、かつグローバルに活躍できる能力を有している。
  4. 【高度な実践力】主体的かつ継続的に学習し、他者とも協働して計画的に問題解決に取り組める能力を有している。

材料開発工学科CP

ディプロマポリシーに掲げる能力を有したImagineerを育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

1-1.  自然科学分野に加え、人文・社会科学の幅広い学習を通じて、グローバルな視点から物事を考える能力を

    育成する。(グローバルな視点)

1-2.  科学技術が社会および地球環境・資源に及ぼす影響・効果を理解する能力を育成する。

    (社会と環境への影響)

2-1.  数学、自然科学に関する知識を修得させ、それらを応用する能力を育成する。(数学・自然科学)

2-2.  材料開発工学に関する基礎的及び専門的知識を修得させ、それらを問題解決に応用する能力を育成する。

    (材料開発工学技能)

3-1.  種々の科学、技術及び情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力を育成する。

    (デザイン能力)

3-2.  論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力を育成する。

    (コミュニケーション能力)

4-1.  自ら目標を設定して、継続的に学習に取り組む能力を育成する。(自主性)

4-2.  自立して計画的に仕事を進め、期限内に完了できる能力を育成する。(計画性)

4-3.  他者と協力して効率よく問題解決に取り組む能力を育成する。(協調性)

材料開発工学専攻DP

  1. 材料開発分野に関する高度な専門知識と問題解決への応用能力を有している。
  2. 主体的かつ継続的に学習し、研究課題に取り組む積極性を有している。
  3. 論理的思考能力と経験的直感力に基づき、自らの考えを国際社会に対して表現・伝達できるコミュニケーション能力を有している。
  4. 高度専門技術者として社会に対する責任を自覚し、自然環境への影響を考慮しながら、人間社会の発展に貢献する力を有している。

材料開発工学専攻CP

  1. 材料開発分野に関する高度な専門知識と、問題の早期解決への応用能力を身に付けさせる。
  2. 主体的かつ継続的に学習し、研究課題に取り組む能力を身に付けさせる。
  3. 論理的思考能力と経験的直感力に基づき、自らの考えを国際社会に対して表現・伝達できるコミュニケーション能力を身に付けさせる。
  4. 高度専門技術者として社会に対する責任を自覚し、社会や自然環境への影響を考慮しながら、材料開発を推進する能力を身に付けさせる。

生物応用化学科・生物応用化学専攻

生物応用化学科DP

  1. 化学、生命科学、工学に関わる専門分野に渉る知識・能力を有している。
  2. 応用化学や生物化学分野で働き始める技術者として必要な、問題発見・解決能力、自己学習力、創造性、柔軟な思考性、及びコミュニケーション能力を有している。
  3. 技術者としての倫理観や社会的責任を自覚している。
  4. 専門以外の分野についても広い素養を有している。

生物応用化学科CP

  1. 基礎となる、数学、物理学、及び化学に関する知識を持たせる。
  2. 基本分野としての有機化学、物理化学、及び生物化学、発展分野としての分析化学、高分子化学、応用微生物学、化学工学に関する知識を持たせる。
  3. 講義や卒業研究により、問題発見・解決能力、自己学習力、創造性、柔軟な思考性、及びコミュニケーション能力を育む。
  4. 技術者としての倫理観や社会的責任感について理解させ、持続が可能で豊かな社会の実現を目指す使命感を育む。
  5. 読書教育(GLP)を含めた一般教育等により、広い視野と豊かな個性を育む。

生物応用化学専攻DP

  1. 化学・生命科学・工学を連結する課題探求型技術者、研究者として育っていくための礎となる、問題発見・解決能力、自己学習力、創造性、柔軟な思考性、及びコミュニケーション能力を有している。
  2. 技術者としての倫理観や社会的責任感を持ち、持続が可能で豊かな社会の実現を目指す使命感を持っている。
  3. 専門以外の分野についても広い素養とグローバルな視点を有している。

生物応用化学専攻CP

  1. 化学、生命科学、工学に関わる分野の知識をより深くさせる。
  2. ある特定の分野に関するより高度な知識を持たせる。この分野の知識を幹とし、他の分野の知識を枝となるよう結びつけて、広い視点から判断を下す能力を持たせる。
  3. 自分と異なる判断の体系を持つ者に対する理解を深め、化学・生命科学・工学を連結する技術者としての倫理観や社会的責任について、具体的に理解させる。
  4. 技術者として、持続が可能で豊かな社会の実現を目指す使命感を持たせる。
  5. 国際的にも通用するように、グローバルな視点を身に付けさせる。

物理工学科,物理工学専攻

物理工学科DP

物理学を中心に自然科学、数理科学の基礎を学習し、次のような資質を身に付けた者に学士の学位を授与する。

  1. 新しい知識、技術を自ら積極的に学ぶことができる。
  2. 物事を基本に返って考える習慣・能力を持っている。
  3. グローバルな視点に立って問題を多角的に捉えることができ、技術者としての倫理観を持っている。
  4. 狭い専門領域にとらわれず問題を解決し、新しいものやシステムを創造できる。
  5. 自らの考えをわかりやすく説明し、他人との討論等を通じて物事をまとめ上げる能力を持っている。

物理工学科CP

本学科で定める教育理念・目的を達成するため以下の方針に沿って教育を行う。

  1. 自己学習能力の育成
    • 自ら学習するとともに学習効果を自己評価できる能力を育成する。
    • 与えられた課題に対して、自ら文献等を調べながら考察する能力を育成する。
  2. 物事を基本に返って考える習慣・能力の育成
    • 数学、物理学の学習を通じて基本法則に基づいて物事を考える能力を育成する。
  3. 多角的で幅広いものの見方のできる能力の育成
    • 自然科学、社会科学などの知識を総合して多角的に物事を捉え判断する能力を育成する。
    • グローバルな視点に立って技術者としての倫理に基づいて判断できる能力を育成する。
  4. 問題解決能力の育成
    • 物理学や数学の基礎知識を幅広く駆使して多角的な見地で問題を解決する能力を育成する。
    • 新しいものやシステムを自ら企画立案し、必要に応じて他人と協力しながら実現していく能力を育成する。
  5. コミュニケーション能力の育成
    • 自らの考えを、図表等を用いて他人にわかりやすく説明する能力を育成する。
    • 他人とのコミュニケーションを通じて物事をまとめ上げていく能力を育成する。

物理工学専攻DP

物理学を中心に自然科学、数理科学を深く学び、次のような資質を身に付けた者に修士の学位を授与する。

  1. 高度な専門知識、技術を自主的・継続的に学ぶことができる。
  2. 常に物事の本質を見極めようとする姿勢を持っている。
  3. 問題を幅広い視野で多角的に捉えることができ、技術者としての倫理観に基づいて判断できる能力を持っている。
  4. 幅広い基礎知識と高度な専門知識を用いて問題を解決し、新しいものやシステムを創り活用できる。
  5. 国際社会において自らの考えを説明し、議論できるコミュニケーション能力を持っている。

物理工学専攻CP

本専攻で定める教育理念・目的を達成するため以下の方針に沿って教育を行う。

  1. 自ら学んだ内容を自己評価し、更に高度な課題を学習する能力を育成する。
  2. 高度で複雑な問題においても常にその本質を考える能力を育成する。
  3. 学んだ知識を総合して幅広い視点で多角的に物事を捉え、技術者としての倫理に基づいて判断できる能力を育成する。
  4. 物理学や数学の高度な知識を用い、長期的な視点で計画を立て問題を解決する能力を育成する。
  5. 自らの考えを日本語や英語で説明し、議論できるコミュニケーション能力を育成する。

知能システム工学科,知能システム工学専攻

知能システム工学科DP

知能システム工学科では以下のような卒業生を社会に送り出します。

  1. 基礎的な知識・教養、および専門的知識・能力を有している。
  2. 創造力、自己学習力、問題解決能力、およびコミュニケーション能力を有している。
  3. 高度専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解し、国際的で幅広い視野をもって社会の発展に貢献できる。

知能システム工学科CP

専門的知識・能力に加え、工学で求められる総合力と資質を有する高度専門技術者を育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 工学の基礎となる数学や自然科学にかかわる知識を身に付けさせる。
  2. 工学の各分野における専門的知識・能力を身に付けさせる。
  3. 多様な学問分野にかかわる幅広い視野を獲得させる。
  4. 創造力、自己学習力、問題解決能力、およびコミュニケーション能力を併せた国際的に通用する総合力を身に付けさせる。
  5. 技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解させる。

知能システム工学専攻DP

知能システム工学専攻では以下のような博士前期課程修了生を社会に送り出します。

  1. 高度な専門的知識・能力、および専門に関連した幅広い基礎知識を有している。
  2. 創造力、自己学習力、問題発見・解決能力、およびコミュニケーション能力を有している。
  3. 高度専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を自覚し、国際的で幅広い視野をもって社会の発展に貢献できる。

知能システム工学専攻CP

高度な専門的知識・能力に加え、工学の広い分野に対応できる総合力と資質を有する高度専門技術者を育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 高度な専門的知識・能力、および専門に関連した幅広い基礎知識を身に付けさせる。
  2. 専門分野を超えた幅広い視野を獲得させる。
  3. 国際的にも通用する技術者として必要な、創造力、自己学習力、問題発見・解決能力、およびコミュニケーション能力を併せた総合力を身に付けさせる。
  4. 技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を自覚させる。

繊維先端工学専攻

繊維先端工学DP

  1. 繊維の化学・生物学的および物理的特徴を理解している。
  2. 確固とした専門知識と倫理観を備え、繊維系・化学系企業や研究機関をはじめ、繊維材料を利用する様々な業種の研究開発に積極的に対応できる。
  3. 問題解決のための専門知識を自ら継続的に修得する能力を持つ。
  4. 専門分野について、国内外の公的な場で表現し議論することが可能なコミュニケーション能力を持つ。

繊維先端工学CP

  1. 繊維科学の基礎から応用までの専門教育に加えて、繊維産業に対する理解を深める。
  2. 繊維を核とした各分野における先端知識を習得し、「繊維マインド」を持った人材を育成する。
  3. 世の中の未知の課題を発見し、繊維を核とした知識を駆使してその課題を解決する能力を育成する。
  4. 専門分野での国際的なコミュニケーション能力を育成する。

原子力・エネルギー安全工学専攻

原子力・エネルギー安全工学専攻DP

原子力・エネルギー安全工学専攻の高度専門教育と先進的研究を通して、以下の知識、能力、資質を備えた者に、修士の学位を授与する。

  1. 高度専門技術者として相応しい、高度な専門知識と自ら課題を解決する能力を有している。
  2. 幅広い視野と高い倫理観、国際的なコミュニケーション能力を修得している。

原子力・エネルギー安全工学専攻CP

  1. 原子力の安全と共生をキーワードとして、原子力を取り巻く諸課題に関して、グローバルな視点で考える能力を身につけさせる。
  2. 原子力工学、安全工学やエネルギー工学について、幅広い視野と高度な専門的知識を修得させる。
  3. 柔軟な思考から議論し自ら行動して解決に至る能力、論理的な思考能力と豊かな自己表現能力を育成させる。
←1つ前のページに戻る

教育

工学部・工学研究科

優秀教員

GPプロジェクト