19年度 優秀教員のことば

知能システム工学科 小高知宏

1.教育の目標

大学教育も含めて教育の目標は,環境の変化に適応する能力を身につけさせることだと考えます.工学部・工学研究科における教育で言えば,たとえば,卒業して社会に出たときに,学生から社会人への環境変化に適応できるだけの,技術者としての基礎的素養を身につけさせることは,一つの教育目標です.また,時間が経って技術や社会の変化によって大学で学んだことがすべて時代遅れとなったときでも,自分自身で新たな環境に適応できるだけの能力や強さ,あるいは度胸をつけさせるのも重要な教育目標です.

こうして考えると,我々の行う教育は,単に知識や技能を伝えるだけでなく,学生さんが自律的に学ぶ方法を示し,かつ,自発的に面白がって学習を進めるように誘導することが必須となります.学生さん自らがさまざまなものに興味を持てる動機付けと,学生さんの知識の地平線を広げるための手助けをすること,これが教育に期待されることだと思います.

2.動機付けとしての演習至上主義

動機付けの方法として,情報処理関連授業において私は実験的に,演習問題の出題を中心とした演習至上主義的授業を行っています.講義時間の冒頭に問題を出題し,一週間後のレポート提出を指示します.コンピュータプログラミングによる解答に直ちに取り掛かれるのであれば,コンピュータ室に移動してすぐさま解答にかかります.優秀な学生さんは,教室に残る必要はありません.すぐには解答の糸口がつかめない人には,教室でヒントを出します.しかし解法そのものや答えは示しません.一週間後,レポートについての講評を行い,演習のまとめとします.学生さんの珍答奇答を手がかりに,さまざまな角度から解法について解説します.

この方法は単に動機付けを与え自律性の発展を促すだけでなく,実は先生が手取り足取り指導するよりも知識や技能の習得にも有効なようです.学生さんのアンケートも大変好評です.

3.教科書に書かないことを伝える講義

演習だけでなく,講義の重要性ももちろん否定しません.添付資料に示すように,私は講義用教科書や専門書を30冊ほど執筆・翻訳していますが,講義では,教科書に書かない,あるいは書けない裏話や横道にそれた話を必ず話します.必要な知識や技能は教科書を読んでもらい,動機付けや知識の地平線の拡張には講義の無駄話を活用するわけです.これも学生さんのアンケートによると,後者の評判は上々です.

ちなみに執筆した教科書も,都心の大規模書店におけるすべての書籍を含めた週間売り上げランキングで1位をとったものがあったり,中国語や韓国語に翻訳されるものもいくつかあるなど,これまた好評を博しております.

4.研究の場としての教育

学生さんのためにも私自身のためにも,日々教育技術の研鑽を狙って,情報技術を応用した教育工学の研究を進めております.実験場として講義や演習の現場で学生さんに協力をお願いしております.この中には,レポートのWebサイトからの剽窃自動発見システムなども含まれていますが,これまたなぜか好評です.「背中を見せる教育」が実践できているかもしれないなどと思っております.

5.おわりに

平成14年度の優秀教員受賞に続き,2回目の受賞を受けたことは大変な名誉であると思っております.学生さんの期待に応えるためにも,講義や演習を休講にすることなくがんばってゆきたいと思います.

←1つ前のページに戻る

教育

工学部・工学研究科

優秀教員

GPプロジェクト