生物応用化学科

概要

生き物を分子レベルで観察しようとする生物化学者の研究は着実に進み、その成果を医学の面での応用ばかりでなく、 蛋白質工学、遺伝子工学、細胞工学といった新しい工学の研究分野を生み出してきました。 これらの分野で得られる研究成果はバイオテクノロジーと呼ばれ、21 世紀に向かって人類が抱えるエネルギー、食料、医療などの問題を 解決するためのエースとして、期待されています。 このバイオテクノロジーの急速な進歩とその実用化は、当然のことながら、十分な化学の基礎に立って生物化学を応用できる研究者・技術者の育成があって、はじめて可能になります。 このような研究者・技術者を育てるのが本学科の目的です。

そこで本学科の学生は、まず工学の基礎となる自然科学として、数学、物理学、基礎科学、生物学を学びます。 その後、有機化学、無機化学、物理化学、分析化学、高分子化学、化学工学など応用化学系学科としての基礎を十分に習得しながら、生物化学系の専門分野の教育を受けます。 これらの学習の成果を元に、生体の機能を利用したり、あるいは模倣した化学プロセスの開発と制御、生態に由来する素材の活用、生体機能の分子レベルでの解明など本学科で行われている研究にも参加し、ものづくりできるエンジニアを目指します。

講座構成

教育課程の特色

我々の教育の目標は、広い教養と同時にある特定の分野での専門知識の双方を備えている人間を育てることです。 これを達成するため、本学科では、「あまり多くの科目を教えない」が「教えるべきことは徹底的に教える」を原則として、カリキュラムの編成しています。 基礎科目、実験、演習、卒業研究を重要視し、教科目の内容に一貫性と連続性を持たせています。 知識のみをより多く習得するのではなく、さまざまな具体的な事象に適用できる一般原理を理解した上で、これを応用する力を養うことに重点を置いています。

リンク

←1つ前のページに戻る

工学部・工学研究科概要

教員研究者情報