材料開発工学科

概要

私たちは、衣食住を初めとするさまざまな分野で有機材料、無機材料、金属材料及びそれらの複合材料を利用しています。 近年の科学技術の進歩は目覚しく、新しい機能・優れた性能を持つ新素材が次々に開発されています。 このような新素材はあらゆる産業分野で進行しつつある技術革新を支えてきたばかりでなく、私たちのライフスタイルをも大きく変化させようとしています。

材料開発工学科は、応用化学と材料工学の幅広い分野を含んでおり、無機、有機及び高分子材料の合成方法,それらの構造や物性の制御ならびに機能評価方、 生産プロセスの工学解析などに関する研究、及びこれらの分野で将来活躍すべき人材の養成を行ってきており、多くの成果を挙げてきました。

材料開発工学科は、合間までに培われた教育研究内容をさらに発展させるとともに、環境と人間の調和を材料開発の原点におき、 材料に関する基礎知識を学び、従来の学問体系に縛られないグローバルな視点を持ち、真に材料開発できる技術者・研究者の養成を目指しています。 本学科で学習する基礎知識と若いエネルギッシュな知的好奇心により、21 世紀の人類の繁栄につながる新素材の開発がなされることを信じています。 今、君たちの新しい視点からのチャレンジを待っています。

講座構成

教育課程の特色

自然現象は多様ですが、幸いなことに支配している基本法則はそれほど多くありません。 材料開発工学科は、非常に広い分野を包含していますが、複雑多様に見える現象もその本質にさかのぼって考えると少数の基本概念により理解することが可能です。 新材料の開発とは、まだ誰も手がけたことがない材料を作ることですから、しっかりした基本を積み重ねて初めて新材料は開発できます。 すなわち、基本概念を十分身につけることが新材料開発の鍵になると考えています。 材料開発工学科のカリキュラムでは数学及び物理学も重視しながら化学と工学の基礎力が総合的に身につくように構成されています。 もちろん、教育は先生が一方的に教えるものではなく、学生が理解する喜びを実感できなければ成立しません。 このため、演習や実験に重点が置かれています。 この教育課程を通して学生諸君が問題を自ら解決できる能力が身につけられるものと確信しています。

リンク

←1つ前のページに戻る

工学部・工学研究科概要

教員研究者情報