電気・電子工学科

概要

電気・電子工学科は昭和 14 年に誕生した福井工業高等学校の電気工学科に源を発しており、長い歴史と伝統のある学科です。 これまで「電気工学科」から「電子工学科」の時代を通して、基幹産業や教育・研究機関の広い分野で技術者・研究者として活躍する多くの卒業生を送り出してきました。 平成 11 年度より、社会の変化、要求に応えるため名称を「電気・電子工学科」に変更し、さらに充実することになりました。

トランジスターや IC などのマイクロエレクトロニクス、コンピュータの発達、また宇宙開発、原子力利用などエレクトロニクスを中心とした科学技術の進歩によって 20 世紀の われわれは豊かな物質文明を実現してきました。ところが、その根幹では豊富な化石エネルギーの大量消費によって地球環境の破壊が進行してきております。 一方、世界の人口は増加の一途をたどっており、電気エネルギーの消費量が急速に増えつつあります。すなわち、クリーンで持続可能なエネルギーの開拓は 21 世紀の高度文明社会の 存続にかかわる重要な課題です。

講座構成

教育課程の特色

電気・電子工学分野における科学・技術の急速な発達・変遷に対応して、将来、実社会で十分に活躍するためには、基礎的学力を身に付け、 さらに意欲的に専門分野の勉学を行うことが必要です。本学科の教育課程では、広範囲にわたっている電気・電子工学分野の専門基礎力を確実に把握させ、 広い教養と深い洞察力を養うことに重点を置いています。 体系化されたカリキュラムに基づき、講義、演習、実験及びゼミナールを組み合わせ、この分野の将来の発展に十分対応できる能力が養われるように配慮されています。

リンク

  • 電気・電子工学科のホームページ
  • ←1つ前のページに戻る

    工学部・工学研究科概要

    教員研究者情報