応用物理学科

学習教育目標

physical_header

HOME > 工学部 > 応用物理学科 > 学習教育目標

教育理念

近年の急激な技術革新においては、個々の要素技術の開発においても、より学際的な基礎科学の助けが重要となっています。実際、最先端技術で思いがけない発明や発見を可能にするのは、各分野の専門知識ではなく、より広い分野にわたる基礎能力に基づいた総合的な発想力であると言われています。日々進歩する技術やその多様化に柔軟に対応していくためには、狭い専門分野に閉じこもることなく、幅広い分野の基礎的な能力が必要とされるのです。また、国境を意識せず幅広い世界で活躍できるグローバル人材の育成が社会から求められていますが、このような人材に必要とされるのは、語学力ばかりではなく、確固たる基礎学力を基に、自ら高度な知識や技術を獲得し、使いこなす能力です。

我が国の工業技術は、今後、豊かで安全・安心な社会の構築とその維持に貢献する必要があり、そのためには、ものごとを根本から論理的に考える能力・習慣を持ち、生涯にわたって自らの力で継続的に学び続ける力が重要です。

応用物理学科では、工学の幅広い分野に対応できる確固とした理工学の知識・思考方法・応用能力を修得するとともに、総合的な実践力や産業関連知識を自ら学び、課題解決につなげる力、グローバルな行動力、倫理観を身につけた人材を養成します。物理学を中心とした基礎科学と工学との接点に立って総合的な発想力と応用力を養うことにより、新しい技術の創出に挑戦するとともに、来るべき未知の技術革新にも対応し、安全で安心な社会を真に支える先端技術者の育成を目指します。

ディプロマ・ポリシー(DP:学位授与の方針)

応用物理学科では、こうした理念を具現化すべく人材の育成を行っています。ディプロマ・ポリシー(DP)を次に示します。卒業し学位を得るには、次の各項の素養を身に付けていなければなりません。

下記の箇条に示したような、物理学を中心とした理工学の基礎知識を有し先端分野におけるものづくりへの応用力を身につけた者に学士の学位を授与する。

  1. 物理学を中心とした理工学の確固たる基礎知識と、その応用力を身につけている。
  2. 基礎知識に基づいてものごとの本質を捉えた上でその知見から総合的に発想し、未知の技術革新に対応することができる。
  3. 新しい知識・技術を自ら学ぶことや、計画的に課題の解決に取り組むことができる。
  4. 技術者としての倫理観を持ち、グローバルな視点に立って問題を多角的に把握することができる。
  5. 他者とコミュニケーションをとることや、協力してプロジェクトを進めることができる。

カリキュラム・ポリシー(CP:カリキュラム編成の方針)

学生が学習していく中で学位授与の要件を満たす人材となるよう、工学の基礎となる物理学を中心にカリキュラムを編成しています。具体的には、以下の5つの項目を目標として各小項目を習得・達成できるようカリキュラムを構成しています。

物理学に基本を置く教育体系により、理工学の確固たる知識を身につけさせ、未知の技術革新にも対応できる高度専門技術者を育成するため、以下の方針に沿って教育を行う。

  1. 物理学を中心とした理工学の基礎知識の習得と応用力の育成
    (1-1) 物理学および応用物理学に関連する基礎知識を習得させる。
    (1-2) 数学・化学・計算機科学に関する基礎知識を習得させる。
    (1-3) これらの基礎知識を組み合わせて、先端技術分野における問題設定・解決に応用できる能力を育成する。
  2. 基礎知識に基づいてものごとの本質を捉えた上で総合的に発想するデザイン能力の育成
    (2-1) 必ずしも解が一つでない課題に対して、物理学を中心とした理工学の 知識を駆使し、ものごとの本質を把握する能力を育成する。
    (2-2) 総合的な発想により制約条件下において解を見出し、文章、図表、数式、プログラム等で表現する能力を育成する。
  3. 計画性と自己学習能力の育成
    (3-1) 課題を計画的に進め、必要に応じて計画を修正しながら、期限内にまとめる能力を育成する。
    (3-2) 自主的・継続的に学習し、文献等を調べながら、自ら知識を獲得できる能力を育成する。
  4. 技術者としての倫理観、教養に裏打ちされた多角的なものの見方の育成
    (4-1) 物理学が社会や自然におよぼす影響を理解し、技術者が果たすべき役割と責任を自覚させる。
    (4-2) 文化の多様性、地球環境などの観点から問題を多角的に捉え、豊かで安全・安心な社会の構築に寄与するために必要な教養と思考力を育成する。
  5. コミュニケーション能力、チームワーク力の育成
    (5-1) 情報や意見を、言葉や資料を用いて正確に伝えるとともに、他者の意見を理解する能力を育成する。
    (5-2) 英語で書かれた技術文書を読むことや、英語で意思疎通することができる能力を育成する。
    (5-3) チームの一員として、他者に働きかけながら、物事をまとめ上げていく能力を育成する。

応用物理学科では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を着実に達成するためのカリキュラムを作成し、継続的に改善しています。実際のカリキュラムは、こちらをご覧下さい。

JABEEについて

応用物理学科では、JABEEの認定・審査申請を予定しており、JABEEの認定基準に準拠した教育プログラム(応用物理学プログラム)に基づいて教育を行っています。JABEEの詳細については、認定機構のホームページを参照してください。

PAGETOP